-on the fence- ネフローゼ症候群のための情報サイト

RSS(最新記事)

知恵袋などでの質問と回答

PDFなど

医学系サイト

caloo 圧倒的な情報量から探せる病院口コミ検索サイト

腎臓ネット

腎臓病の治療:ネフローゼ症候群の治療:大阪府立急性期総合医療センター腎臓高血圧内科

 メルクマニュアル医学百科 家庭版 ネフローゼ症候群のページ

腎臓・膀胱net ネフローゼ症候群のページ

北京 中国康針灸院 東洋医学の見地から ※ここをおすすめしているわけではありません。

Care Net 医療系関係者用の会員制サイトのため一般の人は見れません。気になります。

東京「腎炎・ネフローゼを守る会」 昭和46年結成の非営利団体

caloo 圧倒的な情報量から探せる病院口コミ検索サイト

腎臓ネット

腎臓病の治療:ネフローゼ症候群の治療:大阪府立急性期総合医療センター腎臓高血圧内科

 メルクマニュアル医学百科 家庭版 ネフローゼ症候群のページ

腎臓・膀胱net ネフローゼ症候群のページ

北京 中国康針灸院 東洋医学の見地から ※ここをおすすめしているわけではありません。

Care Net 医療系関係者用の会員制サイトのため一般の人は見れません。気になります。

東京「腎炎・ネフローゼを守る会」 昭和46年結成の非営利団体

更新停止または不定期なブログ

ネフローゼ(微小変化型)といっしょ(写真が多く読みやすい)

ネフローゼのその後(完治したという人。記事はとても少ない)

みんな負けるな!!絶対治るから!!ネフローゼ闘病記(情報量豊富。経験からのアドバイスが的確)

みんな負けるな!!絶対治るから!!ネフローゼ闘病記(↑の旧ブログ。kazuさんという方

ネフローゼになんか負けないぜ!!(30回の再発経験からストレスの関係性が書いてある。記事少ない)

ネフローゼ症候群原因や症状、食事療法(専門的にまとめてある。記事少ない)

アンケート(統計結果が見れます)

尿蛋白検査薬

2013年1月より、第一類および第二類医薬品のインターネット販売を再開しました。

これにより、自宅で簡単に尿蛋白検査ができるウリエースなどもネットから買うことができるようになりました。


ウリエースBT

ネフローゼ症候群の有名人

寺山修司(詩人、劇作家)

詩人、劇作家。演劇実験室「天井桟敷」主宰。

上記の他に歌人、演出家、映画監督、小説家、作詞家、脚本家、随筆家、俳人、評論家、俳優、写真家などとしても活動、膨大な量の文芸作品を発表した。競馬への造詣も深く、競走馬の馬主になるほどであった。メディアの寵児的存在で、新聞や雑誌などの紙面を賑わすさまざまな活動を行なった。

1955年(昭和30年)、ネフローゼと診断されて長期入院となり、翌年、在学1年足らずで退学。

1935年(昭和10年)12月10日 青森県生まれ。

1967年(昭和42年)1月1日 「天井桟敷」を結成。

1974年(昭和49年) 映画『田園に死す』で文化庁芸術祭奨励新人賞、芸術選奨新人賞を受賞。

1983年(昭和58年) 肝硬変のため入院。腹膜炎を併発し、敗血症で死去。47歳没。

村山聖(将棋棋士)

1969年(昭和44年)6月15日 - 1998年(平成10年)8月8日)は、将棋棋士、九段(追贈)。森信雄七段門下。棋士番号は180。いわゆる「羽生世代」と呼ばれた棋士達の一人。5歳のとき、広島市立広島市民病院で腎臓の難病「ネフローゼ」にかかっていることが発覚。以降、死ぬまで病と闘うことになる。府中町立府中小学校に入学するも、病状が悪化し国立療養所原病院の院内学級に入り5年生まで過ごす。

2000年、その生涯を描いた「聖の青春」(大崎善生著)が出版され、第13回新潮学芸賞、将棋ペンクラブ大賞を受賞した。2001年には新春スペシャルドラマ「聖の青春」(村山の出身地である広島の中国放送が制作)としてTBS系列で全国放送され、村山役を藤原竜也が演じた。また演劇台本ともなり、何度か舞台上演されている。

1999年1月29日放送の『驚きももの木20世紀』と2001年2月11日放送の『知ってるつもり?!』においても、その生涯を描いたドキュメンタリーが放送された。

漫画「月下の棋士」作中に登場する棋士「村森聖」は、彼がモデルである。また、漫画「3月のライオン」に登場する棋士「二海堂晴信」も彼をモデルとしているといわれている。

小早川毅彦(プロ野球選手)

小早川 毅彦(こばやかわ たけひこ、1961年11月15日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手(内野手)、指導者、野球解説者。3歳のときに重度のネフローゼを発病し、小学校6年生まで運動を許可されなかった。

広島市立矢野中学校時代から野球を始め、高校はPL学園に進学し、1979年の春の甲子園出場。その後法政大学経済学部経済学科に入学する。1年から4番を務め、2年秋季リーグでは三冠王を獲得、ベストナインに5度選出されるなど活躍。リーグ戦通算98試合出場、384打数114安打、打率.297、16本塁打、72打点。

1983年ドラフト2位で広島に入団。同ポジションの長内孝を押しのけて初年度からクリーンナップに座り、1984年の新人王を獲得。「赤ヘルの若大将」として衣笠祥雄や山本浩二の後継者として大いに期待された。山本浩二引退後は4番打者として「パワーがあり、チャンスに強い」と期待されることも多かった。足は速くなく、内野安打は少なかった。

 

1991年頃からチームは監督の山本浩二の下で野村謙二郎や前田智徳ら若手が台頭する一方、小早川は先発を外されることが多くなり、またファーストを守る選手の増加に伴い、スタメン争いが白熱して年齢的にも彼らの中で最年長だったこともあり、1994年以降は完全に控えとなり、1996年オフに自由契約となりヤクルトに移籍。1997年4月4日の開幕戦の対巨人戦(東京ドームで)、監督の野村克也から「お前は大学で1年から4番、プロで新人王、だから移籍一年目も必ずやれる」と5番スタメンに抜擢され当時3年連続開幕戦完封勝利をあげていた巨人の斎藤雅樹から3打席連続本塁打を放つなど、野村再生工場の下で復活を果たし、リーグ優勝、日本一に貢献。1999年限りで引退。2000年から2005年までNHKやサンケイスポーツでプロ野球やメジャーリーグの解説を務めた。

 

山崎憲晴(現役プロ野球選手)

中学3年時の2月、ネフローゼ症候群で入院。中学校の卒業式当日には退院したが、高校入学後半年間はグラウンドに立つことも不可能だった。秋から野球を再開することを許可され、それから野球に打ち込むうちにいつの間にか病気は完治し、その後も再発していないという。 Wikipedia

日下部基栄(元柔道選手)

シドニーオリンピック柔道女子57キロ級銅メダリスト。子供の頃、ネフローゼ症候群で幼稚園もほとんど行けず入退院を繰り返していた。小学校1年生の時に兄の影響で柔道を始め、初めて出た大会でいきなり優勝。柔道を始めてから、いつのまにか腎臓病が治ったという。 Wikipedia

久木田律子(漫画家)

1971年集英社『りぼん』8月号「愛すべきわれらがトン子さん」でデビュー。同社の『りぼん』や『マーガレット』などの少女漫画誌上で人間愛と優しさに溢れる作品を発表した。 20代からネフローゼ症候群を患う。漫画家・山本おさむの夫人。 Wikipedia

寿ひずる(女優、元宝塚歌劇) Wikipedia

ジョナ・ロムー(ラグビー選手) Wikipedia

佳那晃子(女優) Wikipedia