コンテンツ追加中

商品の説明

内容紹介

27歳、生存率50%のガン宣告。
友だち、仕事、家族、好きなひと・・・
病気になってはじめてわかった本当の幸せ。
人生あきらめるには早すぎる!

... ガンを克服した脚本家の実体験を完全映画化!
病という“非日常”の中で巻き起こる人間模様を、ユーモラスかつエモーショナルに描いた難病エンタテインメント!

ガンを宣告される主人公アダムには『(500)日のサマ―』で主役の草食系男子を、『インセプション』でアクションもこなしたジョセフ・ゴードン=レヴィットが熱演し、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞にノミネート。
アダムの親友役には脚本家ウィル・レイサーの実の親友のセス・ローゲンがプロデューサーと兼任で出演。そしてアダムのために奮闘する新米セラピスト役には、『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞助演女優賞ノミネートされた、アナ・ケンドリック。その他、アダムの彼女役に『ヒア アフター』のブライス・ダラス・ハワード、母親役に『ダージリン急行』のアンジェリカ・ヒューストンなど実力派俳優が脇を固める。

【ストーリー】
いきなり余命わずか決定!?なんで僕が??
酒もたばこもやらない“普通”の青年アダムに突然告げられた病気は“ガン”だった。27歳という若さで、5年生存率50%のまさかの余命宣告。その日から、アダムの生活環境は一変。よそよそしい会社の同僚たち、看病の重圧に負けそうな恋人、同居を迫る世話焼きの母親…。病気のアダムに気遣って誰も今までどおりに接してくれない!!ただ一人女好きの親友カイルをのぞいては。カイルと一緒に病気を“ネタ”にナンパしたり、新米セラピストのキャサリンと手探りのカウンセリングを通して、“ガン”の日々を笑い飛ばそうとするアダム。しかし刻一刻と進行する病魔に、やがてアダムは平穏を装うことができなくなる・・・。

【キャスト】
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード、アンジェリカ・ヒューストン

【スタッフ】
監督 ジョナサン・レヴィン、脚本・製作総指揮 ウィル・レイサー、プロデューサー エヴァン・ゴールドバーグ/セス・ローゲン/ベン・カーリン、製作総指揮:ネイサン・カヘイン/ウィル・レイサー、音楽:マイケル・ジアッキノ

商品の説明

内容紹介

ぼくは生きている。話せず、身体は動かないが、確実に生きている。
20万回のまばたきで自伝を綴った、感動の実話!

◆2008年アカデミー賞主要4部門ノミネート!
ゴールデン・グローブ賞主要2部門、カンヌ国際映画祭主要2部門ほか、計38部門受賞の愛の感動作!!
◆奇跡の実話 “20万回のまばたきで自伝を綴った”!
最期まで希望を持ち続けた主人公の美しさに、生きる勇気が湧いてくる!
◆天才ジュリアン・シュナーベル監督×世界の一流スタッフ・キャストが結集!
◆原作本は世界31カ国で出版されたベストセラー!
◆圧倒的な映像美!今までに味わったことのない映像体験!


【ストーリー】
ジャン=ドミニクは3人の子供の父親。「ELLE」誌の編集長として、幸せで華やかな人生を送っていた。ところがある日突然、脳梗塞で倒れ、「ロックト・インシンドローム(閉じ込め症候群)」になってしまう。身体的自由を奪われ、唯一動くのは、左目だけ。そんなジャン=ドミニクに対し、言語療法士アンリエットは、瞬きでコミュニケーションをとる方法を考え出す。そしてある日彼は、瞬きで自伝を綴り始める。果てしない想像力と、記憶、そして生きることへの愛情でジャン=ドミニクは逆境を乗り越え、希望は少しづつ未来へと向かっていく・・・。

【キャスト】
マチュー・アマルリック
エマニュエル・セニエ
マリ=ジョゼ・クローズ
アンヌ・コンシニ
パトリック・シュネ
ニエル・アレストリュプ
オラツ・ロペス・ヘルメンディア

【スタッフ】
監督:ジュリアン・シュナーベル
脚本:ロナルド・ハーウッド
原作:ジャン=ドミニク・ボビー「潜水服は蝶の夢を見る」(講談社刊)

商品の説明

 

  内容紹介

DNAは、残酷すぎる未来を産み落とした。

【ストーリー】
DNA操作で生まれた“適正者”だけが優遇される近未来。
自然出産で生まれ、劣性遺伝子を持つ人間は“不適正者”として差別されていた。
そんな不適正者の一人ビンセントは宇宙飛行士になる夢を抱いて家族のもとを飛び出し、優秀な遺伝子を持ちながら事故で下半身が不自由となった若者ジェロームと出会う…。
『シモーヌ』のアンドリュー・ニコル監督が贈るSFサスペンス。
主演は『トレーニング・デイ』のイーサン・ホーク、恋人のアイリーンを『キル・ビル』のユマ・サーマンが熱演しているほか、『コールド・マウンテン』のジュード・ロウのクールな美青年ぶりにも注目。

【映像特典】
●オリジナル劇場予告編/メイキング・ドキュメンタリー
●未収録シーン
●ポスター・ギャラリー
●フォト・ギャラリー

【スタッフ&キャスト】
《製作》 ダニー・デビート、マイケル・シャンバーグ、ステイシー・シェール
《監督》 アンドリュー・ニコル
《脚本》 アンドリュー・ニコル
《出演》 イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウ、アラン・アーキン

商品の説明

内容紹介

合言葉は“やればできるさ!”。世界で初めて精神病院を廃止した国で始まった元患者たちの挑戦にイタリア全土が笑って泣いた!
世界中に〈希望〉と〈元気〉を届ける、愛と笑いに溢れた人間讃歌エンターテイメント。

★世界で初めて精神病院をなくした国―イタリアで起こった実話を基に映画化★
1978年、イタリアでは、バザリア法の制定によって、次々に精神病院が閉鎖された。「自由こそ治療だ!」という画期的な考え方から、それまで病院に閉じ込められ、人としての扱いを受けていなかった患者たちを、一般社会で生活させるため地域にもどしたのだ。
本作は、そんな時代に起こった実話を基に、舞台を1983年のミラノに設定して誕生した。これまでイタリアでも語られることの少なかった実話を、思慮深く細やかな感性でコメディ仕立てに練り上げられたこの物語は、何の偏見も持たず、時に深い悲しみを誘い、また時に全てを軽やかな笑いに包み込む。
まさに、“人間讃歌エンターテイメント”といえる本作は、イタリア本国で異例の大ヒットとなり、54週という超ロングランを記録、社会現象にまで発展した。さらに、2011年7月に日本で公開されると、満席、立ち見が続出し、長期に渡るロングランとなった。
たとえ転んでも、あきらめないで夢に向かっていけば、いつか現実になる―
『人生、ここにあり!』は、そんな夢に向かって挑戦する〈希望〉と〈元気〉を届けてくれる、最高のエンターテイメント。

【ストーリー】
舞台は1983年のイタリア―ミラノ。型破りな活動で労働組合を追い出された熱血男・ネッロが行き着いた先は、精神病院の閉鎖によって社会に出ることになった元患者たちの協同組合だった。オカド違いな組合の運営を任されたネッロは、精神病の知識が全くないにも関わらず、持ち前の熱血ぶりを発揮。個性が強すぎて社会に馴染めない元患者たちに、“シゴトでオカネを稼ぐ”ことを持ちかける。すぐに手が出るキレやすい男、彼氏が100人いるという妄想を持つ女、UFOが年金を支給してくれていると信じる男… そんな一筋縄ではいかない面々とネッロは、ドタバタなトラブルを巻き起こしながら、無謀ともいえる事業に突っ走っていくが―。

【キャスト】
クラウディオ・ビジオ、アニータ・カブリオーリ、ジュゼッペ・バッティストン、ジョルジョ・コランジェリ、アンドレア・ボスカ、ジョヴァンニ・カルカーニョ、ミケーレ・デ・ヴィルジリオ、カルロ・ ジュセツペ・ガバルディーニ

【スタッフ】
監督・脚本: ジュリオ・マンフレドニア、原案・脚本: ファビオ・ボニファッチ、製作: アンジェロ・リッツォーリ、音楽: ビヴィオ&アルド・デ・スカルツィ